1. TOP
  2. 機能一覧
  3. 【新】メール
  4. メール配信を設定する

メール配信を設定する

初期設定で登録を行った「送信元メールアドレス」「送信エラー判定」「メール共通設定」「SPF・DKIM設定」を確認・編集・追加を行う事が出来ます。
※設定はライセンスアカウントのみが行うことが出来ます。

送信元メールアドレス

送信元メールアドレスは必ず1つ以上の登録が必要になります。
(1つしかない状態で削除を行おうとすると、削除できな旨のアラートが表示され削除されません)
送信予定のメールに使用しているメールアドレスを削除する場合、表示順序「01」に設定されたメールアドレスに変更されます。

同一のメールアドレス、差出人名を設定することは出来ません。
メール配信を設定する画面においての送信元メールアドレスは「初期設定」になり、同一のメールアドレス、差出人名で送信を行う場合、メール作成時のStep3「メールの作成」>「送信元メールアドレス・差出人名」にて変更を行ってください。

作成上限は100個となっております。

※送信元メールアドレスは追加、削除といった操作、また詳細情報の変更、有効/停止の設定は即時反映になります。画面上部「変更」ボタンをクリックしなくても変更されますのでご注意ください。

新規登録、追加を行う場合は「送信元メールアドレス」右にあるオレンジ色のプラスボタンをクリックしてください。

クリックすると「送信元メールアドレス新規登録」のポップアップが表示されますので、差出人名とメールアドレスを記入し登録して下さい。

※メールアドレスは初期設定にて登録を行ったドメインのメールアドレス情報のみ設定が出来ます。

青い「登録」ボタンをクリックすると送信元メールアドレスに情報が作成されます。

送信元メールアドレス操作

複数送信元メールアドレスを登録すると、表示順序を変更することが出来ます。

有効/無効 「有効/無効」設定は現在は使用していないが、今後また使う可能性があるため削除はしたくない、といった際に「無効」設定を行うとメール配信時の設定に表示されません。
表示順序「01」の送信元メールアドレスの「有効/停止」の設定は出来ません。
送信元メールアドレス変更 作成した送信元メールアドレス情報の編集を行うことが出来ます。
削除 送信元メールアドレスを削除することが出来ます。
※送信予定のメールに使用されていた場合は、表示順序「01」に設定されたメールアドレスに変更されます。

リードのメールアドレスチェック

登録されているリードのメールアドレスが存在するかチェックを行うことが出来る機能です。
メールアドレスの存在をメールサーバ側にリクエストしてチェックを行っています。

メール一括配信の配信リード数から到達率が95%以下になる場合、システム上一時的に配信停止になることがありますため、
事前にメールアドレスのチェックをして頂くことを推奨いたします。

メールアドレスのチェックを行う場合は、「メールアドレスチェック開始」をクリックしてください。
クリックすると、ポップアップが表示されますので、「はい」をクリックしチェックを開始されます。

※チェックがつかないリードに配信を行った際に、受信側の設定で受信拒否などにより送信失敗となる場合もあります。
※チェック済みのリードは再チェックされません。また前回のチェック結果はクリアされます。
※リード数の登録数が多い場合は、チェックに3日間ほどかかる場合がございます。

完了後、無効なメールアドレスがあった場合は、CSVをダウンロードする事が出来ます。

※チェック結果のCSVは3か月後に削除されます

送信エラー判定

「送信エラー判定」とは、正常に配信が行えなかった回数をリードごとにカウントする機能です。
エラー数が設定値に達すると、次回からの配信は自動停止されます。
エラー数の初期値は3回になっていますが、1~5回までの数字を選ぶことが出来ます。

▼操作方法

注意事項

  • 5%以上のエラー比率で配信をおこなった場合、システムが配信停止処理を行います。
     例:1000通配信して50 通以上のエラー ( 失敗 ) がある場合
     配信停止となった場合サポートよりご利用者様に停止している旨のご案内を行います。
  • ※停止後、技術部にてメール配信が出来るよう対応に入らせていただきます。
    配信が再開できるまで最短でも3営業日程度いただく事がありますのでご了承願います。
    復旧作業中は配信を行うことが出来かねます。配信を行っても「システムエラー」となり、送信されません。
  • ※配信エラーが発生すると自動的にカウントアップされます。
  • ※設定値に達したメールアドレスへの配信は自動停止されます。この場合、リード詳細では配信ステータス>メール配信状況が「エラー停止」となります。

メール共通設定

メール文章内に必ず記載する必要がある「配信停止フォーム」のページのURLを設定してください。
ここに記述したURLには、メール配信時にメールクリックが測定されなくなります。

BowNowではリードに対してメール配信を「希望する」「希望しない」の配信ルールしか現状はなく、この部署からのメール配信は停止この部署からの配信は希望するといった対応は出来ません。
もし部署ごとで行う場合は、タグなどの設定を手動で設定・変更を行い部署ごとの配信希望、停止を行うようにお願いします。

SPF・DKIM設定

初期設定にて「SPF・DKIM設定」を行いますとホストレコードや値(EXPECTED VALUE)をコピーするのみになります。

関連記事

勉強会情報