1. TOP
  2. よくある質問
  3. リード管理
  4. 【リード】リードの一括登録が出来ない

【リード】リードの一括登録が出来ない

一括登録では、1:インポート方法の選択、2:ファイルの選択、3:確認、4、完了とステップがあり、ステップごとに一括登録が出来ない理由があります。

1、ファイルの選択

選択したファイルはインポートできません と表示される。

指定フォーマットではないCSVを使用している

BowNowのリード一括登録では、指定のCSVフォーマットをご用意しております。
「選択したファイルはインポートできません」という場合、指定のフォーマットをご利用いただけていないかと思われます。

指定のフォーマットは管理画面よりダウンロードをお願いいたします。

また、指定フォーマットのCSVをご利用いただいていても、
・保存しているCSVの文字コードや改行コードが異なる
・指定されている列以外の部分に文字が入っている

といった場合はインポートが出来ませんのでご注意ください。

▼BowNow一括登録CSVの保存形式(MacでCSVを更新されている場合はご注意ください)
文字コード:「シフトJIS」
改行コード:Windows(CR+LF)もしくはUNIX(LF)
※Windows OfficeでCSVを更新されている企業様においては特に設定する必要はございません。
※BowNowの管理画面の動作確認に関しましては「Windows」のみとなっております。
その為、Macをご利用の企業様環境で正常に動作しない場合がございますのでご注意ください。

一括登録の指定フォーマットについて

BowNowへのリード一括登録の際には指定のCSVフォーマットをご利用ください。
指定フォーマットは管理画面内「CSVのサンプルはこちら」からダウンロードを行ってください。

リード管理でエクスポートしたCSVがインポートできない

リード管理より出力したCSVも指定フォーマットと異なっておりますので修正が必要になります。
修正方法は下記になります。

※リード管理より出力したCSVは、上2行を削除を行い、AC~AH列の6列を削除してください。

▼削除する行、列

2、確認

スキップするリードがある

新規登録を行っているにも関わらず、CSV内に同一のメールアドレスがある場合スキップ対象として表示されます。

スキップしたリードや不備があったリードは、リード一括登録【完了】画面でCSVで出力されます。

※CSVデータは先に登録されているリードを優先表示します。

3、完了

エラーリードの修正方法

CSV上で不備がある場合、完了画面上にエラー内容が表示され、CSVでエラーリードが出力されます。

CSV内には、AC列にスキップされた原因と、AD列に何行目に不備があるのかを確認する事が出来ます。
修正が完了しましたら、AC列、AD列を削除しリード一括登録を再度行う事が可能です。

下記、不備になりやすい個所をおまとめしております。

CSVファイルの不備が出やすい列

A列の「姓」、E列の「メールアドレス」

A列の「姓」E列の「メールアドレス」は必須入力項目になります。
未記入の場合はスキップされます。
また、全角の「@」になっていたり、メールアドレスに不備がある場合もスキップされます。

L列の「都道府県」

L列にある都道府県(State)都道府県のみの記載になります。
都道府県以外の文言をご記入の場合はスキップする原因となります。
例:L列に、東京都新宿区 や 神奈川 など、市区町村が入っていたり都道府県が抜けている場合

S列の「ウェブサイト」

S列「ウェブサイト」は「http://」もしくは「https://」から始まるドメインで記入してください。

W、X、Y、AA列の「ステータス」、「グループ」、「担当者」、「会員登録済みのフォーム」

W、X、Y、AA列の「ステータス」、「グループ」、「担当者」、「会員登録済みのフォーム」、はCSVインポート時に管理画面上で登録されている情報でないと登録する事が出来ません。

インポートの注意点

CSV内に禁止文字(登録できない漢字)があるとスキップされます。

禁止文字列一覧

文字数制限のある列があり、超過するとスキップされます。

項目ごとのルール一覧をご確認ください

BowNowの管理画面上からダウンロードしたCSV以外での一括登録インポートは出来ません。

よくある質問TOP5