1. TOP
  2. よくある質問
  3. リード管理
  4. 【リード】一括登録

【リード】一括登録

一括登録に関しその他よく来るお問い合わせ

新規登録

ここでは初めてBowNowの管理画面にCSVでリードを一括登録を行う際の操作についてご案内します。
※BowNowの管理画面上にリードが登録されていない、現在登録してあるリードに情報を登録しないことが前提です。
※CSVでのアップロード方法の操作方法になります。STEP2「ファイルの選択」内の「インポート時の設定」の設定は別になります。

インポート方法の選択

リード登録の「新規登録」を選択します。
※BowNow管理画面上にリードが登録されていない場合や登録しているリードには上書きで保存しない場合は「新規登録」を選択してください。

ファイルの選択

作成したCSVファイルをアップロードしてください。

注意事項

  • ※BowNowの指定フォーマットのCSVを使用してください。
    指定フォーマットではないCSVを選択し確認をクリックした場合、「選択したファイルはインポートできません。」と表示されます。
  • 管理画面「CSVのサンプルはこちら」から指定フォーマットをダウンロードしてください。
  • ダウンロード後、1行目は項目名2行目にはサンプルリードが表示されています。
    1行目の項目名を削除しないでください。削除しますと「選択したファイルはインポートできません。」が表示されます。
  • ※CSVの保存形式(MacでCSVを更新されている場合はご注意ください)。
    文字コード:「Shift-JIS」、「UTF-8」
    改行コード:Windows(CR+LF)もしくはUNIX(LF)
    ※Windows OfficeでCSVを更新されている企業様においては特に設定する必要はありせん。
    ※BowNowの管理画面の動作確認に関しましては「Windows」のみとなっています。
    その為、Macをご利用の企業様環境で正常に動作しない場合がございますのでご注意ください。

確認

確認画面では、一括登録を行ったCSV情報が表示されます。

インポート方法

インポート方法は、新規登録か、上書き登録かどの方法を選択したかが表示されます。
CSV上の何件が新規登録され、何件上書き更新、また何件がスキップされたかを把握できます。

登録内容

ファイルの選択画面内のインポート時の設定にて確認した、「CSV上の内容を登録する」か「BowNow上で情報を追加した内容を登録する」かを表示させます。

ファイル

一括登録を行うCSVファイル名を表示します。

注意事項

  • ※スキップされたリードは一括登録履歴でCSV出力出来ます。
  • ※新規登録の場合、すでにBowNowで登録してあるメールアドレスと一括登録したCSV内のメールアドレスが同一ですとスキップされます。

登録処理開始

BowNowの一括登録はバックグラウンド処理でインポートされます。インポートが完了しますと通常の一括登録画面に戻りますが、インポート中は登録処理開始画面が表示されます。
インポート状況を確認する場合は「一括登録の履歴を確認する」をクリックすると現在の状況を確認することが出来ます。

更新する

ここではすでにBowNowの管理画面にリードが登録されており、登録されているリードに上書きで情報を登録する場合についてご案内します。

インポート方法の選択

リード登録の「更新(重複を上書く)」を選択します。
更新を選択した場合、インポートするCSV内の空白セルの扱い方法を選択することが出来ます。

更新しない(未入力としてインポートしない)

空白のセルがあるCSVをインポートしてもすでに登録されている情報に空白で上書きしません。

BowNowのインポートルールで更新する

ver3.9.0以前よりリード一括登録の更新時に使用していた登録ルールに基づいた設定になります。

ファイルの選択

作成したCSVファイルをアップロードしてください。

注意事項

  • ※BowNowの指定フォーマットのCSVを使用してください。
    指定フォーマットではないCSVを選択し確認をクリックした場合、「選択したファイルはインポートできません。」と表示されます。
  • 管理画面「CSVのサンプルはこちら」から指定フォーマットをダウンロードしてください。
  • ダウンロード後、1行目は項目名2行目にはサンプルリードが表示されています。
    1行目の項目名を削除しないでください。削除しますと「選択したファイルはインポートできません。」が表示されます。
  • 「リードを探す」ページでダウンロードを行ったCSVは一括登録の指定フォーマットと異なっていますのでご注意ください。
  • ※CSVの保存形式(MacでCSVを更新されている場合はご注意ください)。
    文字コード:「Shift-JIS」、「UTF-8」
    改行コード:Windows(CR+LF)もしくはUNIX(LF)
    ※Windows OfficeでCSVを更新されている企業様においては特に設定する必要はありせん。
    ※BowNowの管理画面の動作確認に関しましては「Windows」のみとなっています。
    その為、Macをご利用の企業様環境で正常に動作しない場合がございますのでご注意ください。

確認

確認画面では、一括登録を行ったCSV情報が表示されます。

インポート方法

インポート方法は、新規登録か、上書き登録かどの方法を選択したかが表示されます。
CSV上の何件が新規登録され、何件上書き更新、また何件がスキップされたかを把握できます。

空白セルの扱い

「更新しない(未入力としてインポートしない)」か「BowNowのインポートルールで更新する」かが表示されます。

登録内容

ファイルの選択画面内のインポート時の設定にて確認した、「CSV上の内容を登録する」か「BowNow上で情報を追加した内容を登録する」かを表示させます。

ファイル

一括登録を行うCSVファイル名を表示します。

注意事項

  • ※スキップされたリードは一括登録履歴でCSV出力出来ます。
  • ※新規登録の場合、すでにBowNowで登録してあるメールアドレスと一括登録したCSV内のメールアドレスが同一ですとスキップされます。

登録処理開始

BowNowの一括登録はバックグラウンド処理でインポートされます。インポートが完了しますと通常の一括登録画面に戻りますが、インポート中は登録処理開始画面が表示されます。
インポート状況を確認する場合は「一括登録の履歴を確認する」をクリックすると現在の状況を確認することが出来ます。

エラーCSVの出力方法

リードを一括登録する画面下部の「一括登録履歴」をクリックしてください。

過去2か月分の一括登録履歴のポップアップが表示されます。
エラーの列に数字がある場合登録されなかったリードがあります。確認する場合は数字の部分をクリックしますとスキップされたリードの情報がCSVで出力されます。

エラーの原因はCSV内AC列に情報が記載されています。エラー内容を確認しリードを登録して下さい。

よくある質問TOP5