1. TOP
  2. よくある質問
  3. メール(リニューアル後)
  4. 【メール(リニューアル後)】配信エラーのリストを確認する

【メール(リニューアル後)】配信エラーのリストを確認する

メール一括配信の配信リード数から到達率が95%以下になる場合、システム上一時的に配信停止になることがあります。
これは、一定数の配信エラーを出し続けてしまいますとドメインが迷惑メールやスパムを配信していると認識される可能性があるための一時的に配信を停止させています。
配信が停止した場合技術部が復旧作業に入ります。サポートよりお客様宛に一時停止のご案内と復旧のご案内をメールにて行っております。
到達率向上のため、未達になっているリードの中でも受信側で拒否を行っているリードを削除していただく事を推奨しております。

※メール配信を設定する>送信停止するエラー発生回数の上限で自動的に配信停止することは出来ますが、初めて送信される際などは配信停止するエラー発生回数は「1回」にしていただく事を推奨いたします。

注意事項

    • 配信結果のうちの到達が「システムエラー」「失敗」となっているリードにつきましては配信を行うことが出来ませんでした。
      システムエラー、失敗となっておりますメールにつきましては配信は行われません。
      復旧後、再度メール配信が開始された場合もメールが送信されることはございませんのでシステムエラーとなっているリードに関しましては別途配信設定をお願い致します。

未達になっているリードの確認

メールを管理する画面から、到達率の低いメールの詳細画面に遷移します。

メールの詳細画面より到達枠の下部にカーソルをあてますと「未達」の枠が表示されます。クリックをしてください。

未達の枠をクリックしますと、その配信したメールのリードの内未達となったリードが一覧で表示されます。
未達となったメールの中でも「到達」の列で失敗処理コードの[group_id:2]に関しましては、受信側の拒否(メールアドレスが存在しない、受信側のホワイトリストに登録されていない)として処理されておりますので、リードの削除を推奨しております。

削除方法

メールを管理する画面よりリードを一括で削除を行うことが出来かねます。

一括で削除を行う場合はメール詳細画面で検索結果への一括操作よりタグなどでリードに情報を設定し、リードを探す画面より削除をお願い致します。

リードを一人ずつ確認する場合は、氏名の部分がリンクになっていますのでクリックしますと、リード詳細画面へ遷移します。リード詳細画面より内容を確認しながら削除を行ってください。

よくある質問TOP5