1. TOP
  2. よくある質問
  3. メール(リニューアル後)
  4. 【メール(リニューアル後)】配信停止のコンバージョンが、メールからフォーム送信としてカウントされる

【メール(リニューアル後)】配信停止のコンバージョンが、メールからフォーム送信としてカウントされる

配信停止でのCVが取得される場合可能性として、配信停止用の差込みコードを挿入されていないことにより「メールからフォーム送信」のアクションが取得されコンバージョンの数値に追加されている可能性があります。
配信停止用の差込みコードをご利用いただく事で、配信停止フォームを送信していただいても「メールからフォーム送信」のコンバージョンとしてカウントされませんのでご活用ください。

メールから流入の仕様について

メール管理でのコンバージョンは「メールからフォーム送信」「メールから会員登録」の数値が表示されます。
このアクションを取得する為には、「メールから流入」のアクションをする必要があります。

「メールから流入」のアクションは、
HTMLメールでは「aタグ(href)」の情報に、本配信時、自動的にアクションを取得する差込みコードが挿入されたリンクをユーザーがクリックすることで取得され、
テキストメールでは「メールから流入」のアクションを取得したいURLの最後方に「{{_bn_mailclick_}}」を挿入し、リンク化したURLをユーザーがクリックすることで取得されます。

「メールからフォーム送信」や「メールから会員登録」のアクションは、この「メールから流入」のアクションのセッションと同一の場合に情報が取得されます。

配信停止URLをリンクとして貼り付けますと上記の仕様の影響で「メールから流入」のアクションが取得されるため、配信停止URLを差込みコードとして提供しております。
こちらは「メールから流入」のアクションを取得することが出来ない(アクション取得用の差込みコードが反映されない)仕様となっております。

設定サンプル

配信停止フォームURLの差込みコード「{{_bn_mailstopurl_}}」の使用方法についてです。

リンクとして活用したい、配信停止URLをメール文章中に表示させたくない場合は下記の様なHTMLソースになります。
<p><a href="{{_bn_mailstopurl_}}">配信停止はこちらから</a></p>
こちらをソースコードに貼り付けていただくか、もしくはリンクの設定をお願い致します。

ソースコードでの貼付け方法

画面上部の「<>(ソースコード)」をクリックしていただき、ソースコード画面を表示させます。
表示させたい箇所に「<p><a href="{{_bn_mailstopurl_}}">配信停止はこちらから</a></p>」を貼り付け「OK」をクリックしてください。

画面上にリンクの設定が出来ます。

リンクの挿入・編集での設定方法

リンクにしたい文言を文章に記載します。文章をグリッドし、「リンクの挿入・編集」のボタンをクリックします。
リンク先URLに「{{_bn_mailstopurl_}}」を記載し、保存をクリックすると設定が完了します。

上記であれば、「配信停止はこちらから」にリンクが設定されます。
{{_bn_mailstopurl_}}をリンク設定にしますと配信時に、「メール配信を設定する」で設定している「配信停止フォームURL」の情報が差し込まれます。

またそのまま「{{_bn_mailstopurl_}}」をメール文章中に記載しますと、「メール配信を設定する」で設定している「配信停止フォームURL」が配信時にそのまま表示されます。

よくある質問TOP5