HOME > よくある質問 > 保存した検索条件とは

保存した検索条件とは

企業管理とリード管理のページ内ではよく使用する検索条件を保存する事が出来ます。
それぞれ10件ずつ保存が出来ます。

検索条件の保存方法

保存したい検索条件で一度検索を行った後、検索ボタンの右側にある「▽」ボタンをクリックします。
クリックすると「お気に入りの検索条件新規登録」というポップアップが表示されます。

新規登録の場合は、そのまま「お気に入りの検索条件名」に件名を記載し登録してください。
過去に既に作成している検索条件に上書き保存を行いたい場合は、「お気に入りの検索条件名」の枠をクリックすると作成済みの検索条件が表示されますので、選択し登録をクリックしてください。
「上書きしますか?」というポップアップが表示されますのでそのまま登録する場合は「変更」をクリックし上書き保存を行ってください。

「保存した検索条件」の作成上限個数は10個までとなっています。

検索条件の削除方法

左上の保存した検索条件に表示されているものは、画面上カーソルを合わせると、
右側に削除を行う「ゴミ箱のマーク」が表示されますので、クリックすると削除が可能です。

その他の保存している検索条件の削除を行う場合は、リード情報画面右上「☆」ボタンをクリックすると保存している検索条件の一覧が表示されます。

削除を行いたい検索条件にカーソルを合わせますと、右側に編集ボタンの鉛筆のマークと削除を行うゴミ箱のマークが表示されます。
ゴミ箱のマークをクリックしますと、削除を行う事が出来ます。

保存した検索条件の表示順を変更する

保存した検索条件は、10個まで登録する事が出来ますが「リード管理」や「企業管理」ページの左上には保存した検索条件の上位3つが表示されるようになっております。

リード情報ページ画面右側「☆」マークをクリックし、保存した検索条件一覧を表示させます。
一覧の表示の上部3つが、検索条件の上に表示されるようになりますので移動したい検索条件をクリックしたまま、移動させます。

移動すると、自動保存されますので自動的に表示順が変更になります。

この表示順番は環境毎に依存している為、使用しているアカウントごとに変更されるのではなく、一人が変更すると使用しているすべてのアカウントで変更されますのでご注意ください。