1. TOP
  2. よくある質問
  3. 用語
  4. リードとは

リードとは

BowNowではリードを「メールアドレス情報のあるユーザー」として定義しており、

①BowNowで作成したフォームに情報を記入・送信したユーザー
②BowNowに個別登録や一括登録でインポートしたユーザー 

の2種類のパターンのユーザーが該当します。

ただし、②のユーザーはリードとしてBowNowに登録はされていますが、「トラッキング」されていないためWebサイトに来た「誰か」と同一か把握することは登録時は出来ていません。
その為、個別登録、一括登録後のリードとWebサイトに来ている誰かと一致させるためには「フォーム送信」・「メール送信」や「Unknownとの紐づけ」を行ってもらう必要があります。

リードの行動が確認できるようになるには

①のBowNowで作成したフォームに情報を記入・送信で登録されたリードがWebサイトにきてどのページを閲覧しているか確認が出来ます。

しかし、②のBowNowに個別登録や一括登録でインポートしたリードは、Webサイトに来た「誰か」と同一かを把握することは登録時は出来ていません。

メールアドレスの把握しているリードは
「Cookie情報を把握している(トラッキング済み)」もしくは「Cookie情報を把握していない(トラッキングされていない)」
2種類に細分化されます。

BowNowの管理画面に登録を行ったリードの行動を把握するためには、Cookie情報を取得する(トラッキングする)と、計測できるようになります。

では、トラッキングされるためにはどのような方法があるのかご案内していきます。

リードのトラッキングとは

リード情報に登録したユーザーがWebサイトに訪問したかどうかを把握するためには、

・メール配信を行いユーザーアクション「メールから流入」を取得する
・フォーム送信を行ってもらう(登録しているメールアドレスと同一であれば自動で同一人物となります)
・訪問したUnknownユーザーをリード情報に名寄せを行う

上記の様なトラッキングを行う行動が無い場合、登録したリードとWebサイトに訪問したユーザーを結びつける事が出来ません。

メール配信後にリードをトラッキングする場合

個別登録やCSVで一括登録したリードにメール配信を行うだけでは、ユーザーと紐づいていない為トラッキングされていません。
トラッキングされるためには、メールを配信し(配信時にも設定があります)、ユーザーが開封後メール文章内に記載されているWebサイトのURLをクリックする事で初めてトラッキングされるようになります。

▼トレースレポート>メールから流入
メールから流入アクションがUnknownで取得されてしまう

お問い合わせをいただいたリードや展示会などで名刺交換を行ったリードにメール配信を行う際、お問い合わせ時と異なるCookie情報のデバイスやブラウザでユーザーが確認したり、送付したメールアドレスがメーリングリストの為複数人に送信される場合、Unknownユーザーとして表示される場合があります。
(すでにBowNowにトラッキングされているユーザーに送付する場合になります)

詳しくは下記をご確認ください。

フォーム送信を行う場合

リード一括登録で登録したリードがWebサイトに設置してあるBowNowで作成したフォームからお問い合わせを、一括登録しているリードのメールアドレスと同様のもので行った場合、同一人物と認識しトラッキングされます。

▼トレースレポート>フォーム送信

通常フォーム、会員登録フォームどちらのフォームを使用してもトラッキングすることが出来ます。
BowNowのフォームは「メールアドレス」と「氏名」の項目が必須になるためリードとして登録されます。

フォームの作成方法は下記にて詳細まとめておりますので併せてご確認ください。

Unknownユーザーをリード情報に名寄せを行う

リード一括登録で登録したリードと既にWebサイトに訪問しているUnknownユーザーが同一人物と確認された場合、メールアドレス登録済みのリード情報にUnknownユーザーを名寄せしますと、Unknownユーザーの行動履歴がリードに紐づきトラッキングされたことになります。

名寄せの設定方法

同一と思われる2つのリード詳細を表示します。

BowNow管理画面側で同一の可能性がある場合、リード情報の名寄せ候補に情報が表示されます。
※表示されていない場合でも名寄せを行いたいUnknownのsid(リード同士を名寄せしたい場合はメールアドレスでも可)を入力→登録を行うと名寄せ候補に表示されます。

統合が完了すると、Unknownのトラッキング情報がリード情報に集約されます。

よくある質問TOP5