ベーシック (ver.1.0)

  1. TOP
  2. 機能一覧
  3. 設定
  4. ABMテンプレートを設定する
  5. ベーシック (ver.1.0)

ベーシック (ver.1.0)でのオートメーション詳細

ステータスオートメーション(自動変更)の条件

※ver3.7.0から仕様の変更があります。
※ver4.5.0以降に環境を作成された、もしくはver4.5.0以前に環境は存在していたがABMテンプレートを使用していなかった場合ベーシック(ver1.0)の使用は出来かねます。
※ver1.0からver2.0への変更は可能ですが、ver2.0からver1.0へダウンする事は出来かねます。

▼スマートフォンの場合横にスクロールすると確認が出来ます。

実行条件 トリガー 実行タイミング 遷移先
「未設定」の全ユーザ ユーザがアクションを1回以上 逐次 「潜在」
「潜在」のアンノウン 最終アクションから60日経過 一日一回 「未設定」
「潜在」の全ユーザ ログイン、メール開封を除く
任意のアクションを30日以内に3回以上
逐次 「顕在化」
「顕在化」の全ユーザ 最終アクションから30日経過 一日一回 「潜在」

注意事項

  • ※カウントするアクションは、ユーザが以下の行動ログを残した場合となります。
    サイトアクセス、フォーム送信、会員登録、ログイン、ファイルダウンロード、メールから流入、メールからフォーム送信、メールから会員登録、COCOARから流入

アラート機能(メール通知)の条件

▼スマートフォンの場合横にスクロールすると確認が出来ます。

実行条件 トリガー 実行タイミング 連絡先
「潜在」の全ユーザ ログイン、メール開封を除く
任意のアクションを30日以内に3回以上
逐次 担当者
「顕在化」の全ユーザ 最終アクションから25日経過 一日一回 ライセンス
「訪問済」の全ユーザ 「サイトアクセス」「メール流入」「COCOARから流入」のアクションを1回以上 逐次 担当者
全ユーザ ステータスを「アポ」へ変更 逐次 担当者

※アラート機能は、リード・Unknownすべてのユーザーが対象となります。
※現在ABMテンプレートをご利用いただくと必ずメールアラートが必須になります。メールが不要の場合はABMテンプレートを利用しないへ変更してください。

ver1.0からver2.0へ変更する

※ver1.0からver2.0への変更は可能ですが、ver2.0からver1.0へダウンする事は出来かねます。
操作する場合はご注意ください。

ABMテンプレートを設定する画面、ABMテンプレート設定で変更が出来ます。
変更を行う場合は「選択したABMテンプレートに切り替えても問題ありません」にチェックを入れます。チェックを入れますと「ABMテンプレートを切り替える」ボタンが赤色になりますので、クリックしてください。

「ABMテンプレートを切り替えますか?」というポップアップが表示されます。切り替える場合はそのまま「はい」ボタンをクリックしてください。

※切り替え処理には数時間かかることがあります。初期化処理中は管理画面の操作ができなくなります。

「はい」をクリックすると、処理中の画面が表示され作業終了までBowNow管理画面内で操作が出来なくなります。

処理が完了すると正常に使用できるようになります。

注意事項

  • ※ver1.0で作成、設定していたステータス情報などは引き継がれます。
勉強会情報